改めて、このサイトの目的を考えてみた!アウトプットの場としての活用

その他

このサイトは2015年6月に投稿を初めて、今で約6年

気が向いた時だけ記事を追加しているサイトですが、もうチョットこのサイトのあり方について考えてみました。

そもそも【えりっくレポート】って何?

このサイトを立ち上げた2015年は、大学を卒業した年。

新卒で就活全部落ち無い内定、その後6ヶ月間ニートをしていました。

そのニート期間中に立ち上げたのがこのサイト。

 

「僕には就職は向いていない!」という思いもあり、なんとか就職しないで生きていく方法を模索していく中で作ったサイトでした。

サイト立ち上げ当初は【リバティライフ(予定)】というブログタイトルで、「文字通り自由な人生を送ってやるぜ!」と言う思いで名付けました。

内容的には、日々起こった事や思った事をつらつら書き綴るただの雑記ブログです。

しかし、このサイトではほとんど売上は上がらず、数カ月後には派遣社員として町工場に就職。

 

いつかこのブログでめっちゃ稼いでやる!と思いながら細々とブログを更新していました。

で、今は自由な人生になったのか?

結局、まだ完全な自由じゃない

このサイトを立ち上げて約6年経ちますが、未だに自由な生き方は実現していません。

現在は個人で事業をやりつつ、外部の2社と業務委託で携わっています。

 

自由ではないけど、やりたくない仕事は全くやっていません。

月10日ほど働きながら、比較的・・・自由な生活を送っています。

派遣社員時代と比べたら、かなり自由度が高く不満は殆どありません。

 

これからも自由に向けて仕事をやりつつ、新しい事業の種まきをしていこうと思っています。

自由な時間が増えてどうなった?

自由な時間が増えた事自体では、あまり変化はありませんでした。

一番変わったのは人間関係です。

 

事業を通じての経営者仲間や業務委託先の社員の方々。

通っているジムの常連や店主

たぶん派遣社員・会社員をしていたら出会うことがなかったと思います。

もちろん一人で過ごすことも増え、読書や勉強にも時間を割けるようになりました。

 

新しい人との会話や読書からインプット量は格段に増えました。

しかしアウトプットの場がなさすぎて、得た知識や思考成果を自分の言葉で表現するのが苦手なまま。

アウトプットが苦手な状態では、事業の幅も狭くなると思い、40~60点でいいので発信していこうと考え、ブログを再開しました。

 

今後はYouTubeやInstagramなども活用できるような仕組みを作っていこうと思います。

何が言いたいかというと、このサイトを僕のアウトプットの場として再出発させようと言う決意表明でした。


PDF

コメント