比較的自由な生活をしてる僕が考える【プチ成功の定義】とは?

自己啓発

今回は、比較的自由で幸せな生活をしている僕が考える【プチ成功の定義】について解説します。

あくまでも僕個人の意見で、他にも様々な意見があることはご留意ください。

 

さっそく、個人的に考えているプチ成功の定義は以下の通りです。

  • 嫌な仕事をしない
  • 収入が支出を上回っている
  • 自分から役に立ちたいと思える人がいる
  • 一人の時間が楽しい
  • 明日が楽しみだと思える

どれを見ても凄くインパクトのあるものは無いと思います。

でも、これを実現したら幸せな”プチ成功”と言っても良いのではないでしょうか?

 

1つずつ解説していきます。

プチ成功の定義

ひとつひとつは人生を変えるような成功では無いですが、小さな成功を重ねていくと割と幸せになります。

嫌な仕事をしない

まず最初は、仕事に関してのこと。

口座に3億円あっても続けたい仕事をしていますか?

という基準で考えると、今やってる仕事が嫌な仕事かどうかイメージしやすいです。

僕は3つほど仕事を持っていますが、仮に3億円持っていたとしても全部続けたいと思えるものばかりです。

 

収入が支出を上回っている

続いては経済的な要素です。

毎月の収入内で暮らせているか?

月給自体は多いに越したことはありませんが、もっと大事なのが収支のバランス。

   

月50万円もらって55万円使っていたら、必ず破綻します。

逆に月給20万円でも10万円しか使わなければ、入ってくるお金の方が多いので経済的にはバランスの取れた状態です。

 

とは言え、収入は多ければ多いほど良いに決まっている!と思う人もいるでしょう。

僕の周りに月収100万円とか1,000万円という人もいますが、正直みんな普通です。

どんなに高収入でも3ヶ月もしたら慣れてきます。

幸福度ってそんなに変わらないんじゃないかな?

 

ついでにいうと、

借金・ローンはできるだけ避けましょう。

色んな所から、身の丈以上の資金を集めて起業した知人がいるのですが、やはりプレッシャーやストレスで追い込まれていました。

1つのミスで経営が大きく傾く、そんな状態では正しい経営判断なんてできないんじゃないでしょうか。

借りる時は、ある程度勝ち筋を描いて、覚悟を持って借りる!

なんとなく、『金利低いし借りれるだけ借りとくか』ではいつか首が回らなくなります。

 

ちなみに僕は奨学金(学生ローン)は受けましたが、これは低金利なので、返済よりも運用で増やした方が良いという判断で繰り上げ返済はしていません。

 

役に立ちたいと思える人がいる

これは人間関係のことです。

仕事にもプライベートにも通じる話ですが、「この人・この人達の役に立ちたいな」と思える人がいることも、プチ成功の1つだと思います。

 

恋人でも友人でも仕事仲間でも、何でも良いので「この人を助けたい」と思える人間関係を持つことで精神的に豊かになります。

個人的にもかなり実感していますし、心理研究でも与える人(ギバー)の幸福度が高くなると言われています。

他人のために、自分の時間や能力、お金を使うことが、自分自身の幸福感を高めてくれるのです。

 

ただ、自分に負担がかからない範囲でやりましょう。

毎月焼き肉を奢るとか、全額負担で旅行に連れて行くとか、

やっても良いんですが、負担が大きいと自分が不幸になるので気をつけましょう。

お金目的でたかってくる人には注意が必要です。

 

ちなみに僕は1~2ヶ月に一回、1,000円程度のお菓子をプレゼントしてます。

1,000円のお菓子で大喜びしてくれる友人を持つのが、プチ成功への一番の近道ではないかなと思います。

 

一人の時間が楽しい

素晴らしい友人関係も大切ですが、一人の時間を全力で楽しめるのもプチ成功には欠かせない要素です。

今この文章を書いていますが、すごく楽しく書いています。

もちろん、誰かと一緒に書いているわけではなく、一人で楽しく書いています。

 

友人がたくさんいて、毎日楽しく遊びまくっている人もいいとは思います。

しかし、幸せや楽しい時間を『誰かと一緒じゃないと過ごせない』と感じている人は、一人で幸福になることができません。

もちろん、楽しいことは沢山の人と共有すれば、より楽しくなるでしょう。

 

ただ、毎日他人と過ごせるわけじゃありません。

台風の日は外に出られないですよね?

出張先に友達を呼びつけることもできませんし、自粛で外に出られないなんてことも起こりえます。

楽しい時間を他人がいないと過ごせないのは、他人がいなくなったと同時に自分の楽しい時間を失うことになるわけです。

 

僕の場合、

  • ジムに行ってる時間
  • 仕事をしている時間
  • 読書をしている時間
  • ご飯を食べている時間

どの瞬間も一人で幸せを楽しめます。

友人を過ごす時間も大切ですが、一人で過ごす時間も全力で楽しめるのはプチ成功の条件だと思います。

 

明日が楽しみだと思える

眠りにつく時、「明日も楽しみだなー」と思いますか?

「うわぁー、明日また仕事かぁ」と思いますか?

『明日が楽しみだ!』と思えている人は、プチ成功どころか成功者だと思います。

 

今までプチ成功の要素をいくつも書いてきました。

他の要素も大切ですが、全て『明日が楽しみと思えている』に集約できると思います。

 

僕自身、毎日ほとんど同じような繰り返しです。

ですが日常のちょっとした事を楽しみだと思えるので、毎晩『明日も楽しみだな』と思えています。

(面白い動画を見つけた、仕事がサクサク進んだとか)

 

あなたは、昨日の夜、『明日が楽しみだな…』という気持ちで眠れましたか?

その答えがYESなら、おそらく楽しい人生を送っていてプチ成功状態だと思います。

まとめ

今回は独断と偏見で”プチ成功の定義”について話していきました。

最後にまとめておくとこんな感じです。

プチ成功の定義

嫌な仕事をしない

3億円持っているとしても続けたい仕事かどうか?

収入が支出を上回っている

貯金を切り崩すと精神的にもすり減ってきます。

役に立ちたいと思える人がいる

人のために、無理のない範囲で少しだけお金を使うと幸せになれる。

一人の時間が楽しい

いつも誰かと一緒にいられるとは限らないので、孤独な時間を楽しめるようにする。

明日が楽しみだと思える

次の日に何の予定がなくても、ワクワクできるかどうか?

この中でも特に重要だと思うのが、

  • 役に立ちたいと思える人がいる
  • 一人の時間が楽しい

の2つです。

相反するようにも見えますが、他人に依存せず人生を楽しめる人は、結果的に人間関係も良くなっていくと思います。

孤独と人間関係についての話は、またどこかできたらします。

 

以上が僕の独断と偏見だらけの【プチ成功の定義】定義でした。


PDF

コメント