どんな副業があるのか?

WEB関連の仕事情報

ほとんどの人は会社に通い毎月一定の収入を得たり自分の店を経営して収入を得ています。これらは本業です。

副業とは本業の合間に作業して収入を得ることです。

 

どんなものが副業になるかと言うと

  • アフィリエイト(広告収入)
  • YouTube
  • 投資(株式・為替)
  • せどり(転売)
  • クラウドソーシング
  • 内職
  • アルバイト

などです。

アルバイトや内職は確実に収入を得ることができますが会社にばれたり、作業の割に稼げなかったりするのでおススメできません。

アフィリエイトはリスク0で始めることができるので始めやすいのですが収入が発生するまでかなり時間がかかるので時間的なリスクは覚悟しなければいけません。

 

YouTubeで動画をあげることで広告収入を得ることができますが、一般人では十分な収入を得ることは難しいでしょう。ヒカキンさんなどのいわゆるYouTuberと言われる人が多数いますが彼らは広告収入だけでなく企業からスポンサー料をもらっているので大きく稼ぐことができるのです。

 

投資は数クリックで大きく稼ぐことができますが始めるには10万円程度なければ大きく稼ぐのは難しいです。投資だけで生きていこうと思うなら1000万円以上で投資する必要があるそうです。もちろん大きく稼げる分リスクも大きく多大な負債を抱え家族離散、自己破産する人も多数おられます。かなりの知識を持って挑む必要があります。

 

せどりはフリーマーケットやネットオークション・古本屋・フリマアプリで安く品物を仕入れてネットオークション・フリマアプリで好きな価格で転売するビジネスです。仕入れで品物を購入する必要があるのである程度リスクはあります。在庫を置くスペースも必要なので家が狭い人は難しいかもしれません。

 

クラウドソーシングはネット上で仕事を受注発注して収入を得る副業です。様々な仕事がありスキルがいらない仕事(記事作成)から高いスキルが必要な仕事(アプリ開発)などがあります。簡単なものだと100円200円の収入にしかなりませんが難しいものだと数十万の案件もあります。スキルがある人はこちらがおすすめです。

まとめ

本業以外にもたくさんの仕事を掛け持つことができます。もちろん今無職の人でも始められるので挑戦してみましょう。少しずつでいいので収入を得る行動をしていきましょう。


PDF

コメント