【Windows10】デスクトップアイコンが横長になる原因と対処法

WEB関連の仕事情報

ある日

何故か

突然にヤツは現れた。

びろんびろんに伸び切った謎のアイコン

これが一体なんのアイコンなのかわかりません。未だにわかりません。

なぜならこの現象を治す方法がわからなかったから!!

でも待って!

直す方法はわからなかったけど、応急処置的な対処法をご説明します。

今ではこの通り、元気に整列しています。

今回はアイコンのクリック領域が横に大きくなってしまったときの対処法をご紹介します。

なぜアイコンのクリック領域が伸びるの?

アイコンが横長になる原因ですが、えっと~…

原因はわかりません!

僕自身も、いつの間にかアイコンが表示されなくなり、横長になっていたので、『どのタイミングで何が原因で』というのが全くわかりません。

だからいろいろ試してみたんです。

試してみたこと

テキストサイズなどの変更

Windows10には設定で、テキストなどの画面全体を大きくする機能が備わっています。

使いやすい文字サイズを探っていたタイミングで横長アイコンが出現したので、テキストサイズの変更が原因だと思って標準地に戻しました。

結果はご存知の通り失敗。

テキストサイズの変更では直りませんでした。

アイコンキャッシュの削除・再生成

プログラマーの知り合いに相談したところ、

こんな症状見たことない。直し方はわからない。

とはっきり言われました。

でも、『アイコンキャッシュを削除したらもしかしたら変わるかも…』

というヒントを貰ったので、さっそくアイコンキャッシュを削除してみることに。

▼このサイトを参考にしました▼
Windows10 アイコンを正しく表示(アイコンキャッシュリセット)
Windows10でも過去のOSと同じように、エクスプローラのアイコン表示がおかしくなることがある。IconCache.DBを削除してアイコンバグを解消するとともに、今後の発生も抑制していく方法である。

結果はもちろん失敗

最終手段にでます。

 

データ以外すべて削除

アプリとか、設定とかぜ~んぶ削除しました。

保存している画像とかデータ以外はすべて削除です。

 

結果は見事に失敗!

またアカウント紐づけ直しでただただ面倒でした。

 

どうやって直したの?

新しいユーザーを作った

結局、このビロンビロンアイコンを直した方法(応急処置)は『新たにWindows10のユーザーを追加する。

 

▼新しいユーザーの追加方法はこちら▼

 

プログラマーの人に

ユーザー追加したら、直りました!

って報告したら

エンジニアでは考えつかない方法ですよ。

と、一言。

 

パソコンの素人だからこそ、”直す”にとらわれず”回避する”っていう発想になったのかも。

とにかく横長アイコンは直った(直ってない)から良かった。

 

まとめ デスクトップのアイコンが横長になったら”新しいユーザーの追加”を

根本的な解決にはならないのですが、もしアイコンに不具合が出て、何をしても治らない場合。

思い切ってそのユーザーアカウントを捨ててしまうのも策です。

 

アプリのインストールとか、設定とか、アカウントのヒモ付とか、面倒なこといっぱいありますがそれも最初だけです。

デスクトップのアイコンが横長になったら?

自分でできることはいろいろ試してみて、最終手段として『ユーザーの追加』があります。

それでも治らなかったら、ごめんなさい。お力になれないです。


PDF